ヒップホップ(胃腸の働きを改善したり、花粉症の軽減効果があるともいわれています)ダンス(映画の影響で習い始めたという中高年も多いようです)の歴史(大阪歴史博物館は隠れた大阪の名所かもしれません)とは、どの程度のものでしょう。 実は、ヒップホップダンスはまだ比較的新たなダンス(体の柔軟性や体力なども必要となります)ジャンルです。 元々は、アメリカの黒人たちの間で生まれた「ブラックカルチャー」と呼ばれるものの一つとされています。 1970年代後半に、ブレイクダンスとして誕生したヒップホップダンスですが、その後、ジャズ・レゲエ・R&Bといった色んなジャンルのダンス(かっこよく踊れると羨望の的になりますね)要素を取り入れつつ進化し続ける事でいるのです。 ストリートダンスだったヒップホップ(アサ科の多年草でビールの原料として有名です)ダンスは、映画の中でも取り入れられるようになってブレイクしたようですよ。 特に80年代には数多くの映画が作られ、そのなかでも83年に公開された「フラッシュダンス」によって、世界中の広い年齢層に知られるようになりました。 日本でもフラッシュダンスは話題となり、それに触発されるようにヒップホップダンサーが生まれます。 そして、90年代後半にデビューしたDA PUMPのブレイクによって、日本人(なんだかんだいって、けっこう恵まれているのかもしれませんね)アーティストでもヒップホップダンスを取り入れる人たちが増えるようになりました。 現在では、日本各地に数多くのヒップホップダンススクールができていますー